記事

コミュニケーションで本当に大切なこと

こんにちは、園田です。

今日は、中谷彰宏さんの
『夢を実現するための7つのコミュニケーション術』
の内容の1部をシェアします。

**********

人は、絶えることなく
コミュニケーションを取っています。

誰かと会っている時だけでなく、
ひとりでいる時ですら
自分とコミュニケーションを取っています。

ですから、
コミュニケーションをマスターすることは
人生をマスターすることである
と言っても過言ではありません。

書店やインターネットを見れば、
コミュニケーションに関する情報は
山ほど溢れかえっています。

それほど、私たち人間にとって
コミュニケーションというのは
重要なものなのです。

また、効果的な
コミュニケーションの方法を学ぶことは、
あなたの人生を変えてくれると言えます。

さて、あなたはもしかしたら
他人と効果的に
コミュニケーションを取る方法を
学びたいと思っているかもしれません。

もうすでに学んでいる
という方もいらっしゃるでしょう。

他人との効果的な
コミュニケーションの方法を学ぶことは
人生の様々な領域で役立ちます。

仕事の交渉だけでなく、
人間関係や家族関係、趣味など、
どんな領域においても
コミュニケーションは大切です。

ですから、あなたもぜひ
他人と効果的にコミュニケーションを
取る方法を学んでいただきたいと思います。

ですが、他人との
コミュニケーションの仕方を学ぶ時に
忘れてはいけないことがあります。

それは、、、

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
コミュニケーションは
生身の人間とするものだ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ということです。

コミュニケーションの方法を学ぶと
こんな風になってしまう人がいます。

・「こう話しさえすればいいんだ」
 というように方法に頼りきってしまう

・「次はどう話すんだっけ?」というように
 方法ばかりに意識が向いてしまう

こういう状態というのは
コミュニケーションを取る相手よりも
コミュニケーションの方法の方に
意識が向いてしまっています。

ここで、ちょっと想像してみてください。

初めて会った相手が
ちっとも自分には興味なさそう。

興味があるようなフリはしているけど
会話に心あらずなように感じる。

確かに話は流暢だけど
自分の心を汲んでもらえてない気がする。

こうした状況というのは
気分が良いものではありませんよね……?

なぜ気分が良くないからといえば、
「自分に向かい合ってもらっていない」
と感じるから、です。

会話の技術や方法に意識が向いてしまうと
目の前の相手を感じることから
意識が逸れてしまいます。

会話の相手も馬鹿ではありませんから、
あなたがこのような状態になると
相手もそれを感じ取ってしまいます。

これではせっかくの
コミュニケーションが台無し
になってしまいます。

1,000冊以上の著書を出版している
ベストセラー作家の中谷彰宏さんは、
コミュニケーションで大切なことを
このようにシンプルに教えています。

「相手に興味を持つこと」

これだけです。

これだけかと思われるかもしれませんが、
たったこれだけのことを
私たちは意外とできていないものなのです。

身近な人の話を
「もう聞き飽きたよ……」
というように聞き流していたり、

商談相手の話を
「どうやって売り込んでやろう?」
というように心あらずで聞き流したり、

と、私たちは意外と
話し相手の話を適当に聞いているものです。

ですから、コミュニケーションを
上達させる重要なステップは
「相手に興味を持つ」ということなのです。

・この人は何を言いたいのか?
・この人の魅力は何なのか?
・この人の良さはどこなのか?

というように、自分のこと以上に
相手に興味を話を聞いていきます。

ポイントは、
「自分のこと以上に」というところです。

私たちはつい、自分の都合で
相手の話を聞いたり聞かなかったりします。

自分の都合を一切脇において
ただ相手に興味を持つ練習をしましょう。

もし、あなたの話し相手が
「ずっとこの人と話してみたかった」
「この人と話せるのはとても貴重な機会だ」
という大切な人だったとしたら、
あなたはどんな姿勢で会話しますか?

きっと、身を乗り出して相手の話を聞き、
一言一言を大切に聞くはずですよね。

その姿勢を、日常の会話でも
取り入れてみるのです。

この姿勢があってこそ、
様々なコミュニケーション術が
はじめて活きてきます。

さて、あなたは日頃
どんな風にコミュニケーションを
取っているでしょうか?

相手の話よりも
自分のことや事情ばかりに
注意を向けていないでしょうか?

相手に興味を持つことが
コミュニケーション上達のポイントです。

ぜひ、意識してみてください。

追伸

中谷さんのDVDはこちらから見られます。
http://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/dvd/goodsDetail.do?titleID=1173986837

株式会社ビッグオー代表
執筆者  園田隆之

コメントを残す

*